所在地
大阪府高石市綾園1-11-20 クレール綾園2F

お問い合わせはこちら

072-263-8011

月・木
10:00~12:00 / 15:00~20:00
火・金・土
10:00~12:00 / 15:00~18:00
水曜・日曜・祝日休診

小児歯科・予防治療

小児歯科

  • 「乳歯は生え変わる」という意識から、お子様に対する予防や治療を軽視する方がいらっしゃいます。しかし、幼児期にお口の中の環境が悪くなることは好ましくありませんし、むし歯で乳歯を失うことになれば永久歯が生える時の環境にも影響します。
    歯が生え始めたら、当院にて定期健診を受けてお子様のお口の健康を守りましょう。

  • お子様が安心して治療を受けられるように

    歯科医院を嫌がるお子様は少なくありません。当院は歯科医院が怖い場所と思われることが無いように、無理な治療をせず、お子様の個性を見ながら、少しずつ慣れてもらうことを重視しています。そのため一回目のご来院では治療に入らず、お話と歯ブラシ練習だけで終わるケースもあります。
    「歯医者さんは味方だよ」まずは、そう思っていただける事が大切と考えます。

    • 正しい歯磨き

      仕上げ磨きをしてあげることで、歯ブラシの力加減や角度、磨き残しやすい部位などが自然と身に付きます。何よりお口の中がすっきりピカピカしていることの気持ちよさをお子様にも実感してもらえることは大切です。

    • 治療内容の嘘はつかない

      買いものや遊びに行く、と嘘をついて連れてくるとお子様は騙されたという意識が働いて、なおさら治療を拒みます。お連れいただければ、治療の必要性をわかりやすく話してお子様の同意を得るよう努力いたしますので、騙して治療を受けさせることはご遠慮ください。

    • 身軽な服装で来院

      お子様は歯科医院に来たことで泣いてしまうこともありますし、緊張して発汗量が増えることもあります。できるだけリラックスできるように身軽な服装でお越しください。

    • 気持ちを落ち着かせリラックスさせましょう

      緊張感が高まっていると痛みを過度に感じてしまうこともあります。来院する時や待っている時は、親子で楽しく会話するなどしてリラックスすることを心がけましょう。

  • 乳歯の重要性

    乳歯はどうせ抜けるから大丈夫などと思っている方はいませんか?
    乳歯が正常な状態や位置のまま生え替わることによって、永久歯が正常に生え替わります。
    このように大切な役割がある乳歯を、むし歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。むし歯予防に努め、むし歯になってしまったら早めに当院までご相談ください。

    初期のむし歯なら、痛みもほとんどなく、見た目もキレイに治ります。

    • 嚙むこと

      噛む動作は脳に刺激を与えますし、あごの発達を促す作用もあります。適度に噛んで食べるものも食事に取り入れましょう。

    • 発音

      歯の状態や歯並びは発音にも影響しますから、言葉を習得する幼児期にはお口の健康を保つことが重要な役目を持っています。

    • 永久歯の誘導

      乳歯と永久歯は無縁なものではありません。乳歯の根は永久歯を誘導する機能を持っているからです。そのため、むし歯で乳歯を失うと周囲の成長とバランスが悪いまま永久歯が生えてくることになり、歯並びが悪くなる原因になります。

  • むし歯にさせないための治療

    むし歯に強い歯を作るフッ素

    フッ素は歯の再石灰化を助ける作用を持っているので、歯質を強化してむし歯予防に役立ちます。特にお子様の場合、乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質や象牙質が弱いこともあって、当院では歯磨きの際にフッ素配合の「レノビーゴスプレー」を併用することも推奨しています。低濃度のフッ素を毎日の歯磨きに取り入れることによって安全に着実に歯質を強化することができます。

  • 早期発見・早期治療

    あらゆる病気において、早い段階で発見して早期に治療をすることが身体へのダメージも少なく、治療もしやすいことが知られています。むし歯についても全く同様で、初期段階であれば痛みで苦しむこともありませんし、簡単な治療で回数も少なく済みます。お子様のためにも早めに歯科医院にお越しください。

  • 歯科衛生士によるブラッシング指導

    むし歯を予防するには毎日のブラッシングが欠かせませんが、単に歯磨きをすれば良いというものでもありません。当院にお越しいただければ、歯科衛生士が丁寧に指導を行いますので、それぞれの状態にあった適切な歯磨きを身に付けることができます。

予防治療

  • 予防治療

    むし歯が進行している場合、悪い部分を削って詰め物や被せ物で補います。これは「治療」とは言うものの、むし歯にかかる前の状態に戻るわけではなく、人工物でカバーしているだけであり、再発のリスクもあるので歯の寿命は短くなりがちです。
    そのため、削って被せることを繰り返せば、歯を失うリスクが高まりますから、悪くならないように予防することの方がはるかに健康的です。この点を踏まえて、「痛くなってから通院する」というこれまで習慣を脱して、「悪くならないように予防で通う」ことを習慣にしていきましょう。

    当院では、それぞれの方に合った予防法を提案いたします。

  • 予防治療は「ホームケア」と「プロフェッショナルケア」の二人三脚

    ホームケア

    むし歯や歯周病を予防するには、お口の中の環境を悪くしないことが重要です。そのためには毎日ご自身で行うホームケアの質を上げることと、歯科医院で定期的にプロフェッショナルケアを受けることの二本柱が大切です。当院では、ホームケアの質を上げるためのブラッシング指導を丁寧に行っています。
    ぜひ私たちち二人三脚でお口の健康を守っていきましょう。

  • プロフェッショナルケア

    毎日ホームケアを行うことは非常に重要ですが、どんなに丁寧にブラッシングをしても取り切れないバイオフィルムや歯石があります。一方、歯科医院であれば、専門的な知識と専用の道具を使って歯垢や歯石を除去することができますから、定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることは、むし歯や歯周病予防に欠かせないことです。定期的に通院してメンテナンスを受けましょう。

  • 当院の予防治療(定期検診)

    口腔内チェック

    定期検診にお越しいただければ、お口の中の検査をして状況を確認します。適切なケアができているかのチェックだけでなく、必要があれば治療もできますから、悪い部分も早期に発見して最小限の治療で済みます。

  • ブラッシング指導

    むし歯や歯周病を防ぐには適切なホームケアを欠かすことができません。歯並びや磨き方のクセには個人差がありますから、インターネットの情報などに頼るより、個々でブラッシング指導を受ける方が効率的です。

  • スケーリング(歯石除去)

    歯垢はお口の中の成分によって歯石化していきます。いったん歯石になると歯磨きでは取れませんから、歯科医院でスケーリングを受ける必要があります。

  • PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

    PMTCは歯科医師や歯科衛生士のように資格を持つ者が、専用の器具を使って行うクリーニングです。毎日のブラッシングでは落とせない汚れを一掃できますし、見た目がキレイになる上に口臭予防にも役立ちます。術後のスッキリ感もありますから、ぜひ当院で定期的に治療を受けてください。

  • シーラント

    シーラントとは、小児に良く行われる予防処置のことで、奥歯の歯の溝にプラスチックの樹脂を詰めて、食べかすや汚れが入らないようにし、虫歯にならないようにする治療方法です。
    フッ素配合のレジンを使用するために予防効果も高いです。
    シーラントを行うタイミングは、萌出したばかりの永久歯を対象に行います。萌出したての永久歯は歯の背が低く、磨きづらいために虫歯になるリスクが高いので、シーラントにより虫歯を防ぎます。